離婚の小話

離婚するのが当たり前だと思いたくない

2014.06.30

現在は昔ほど離婚に対して抵抗が少ない時代です。 その背景には、社会的に離婚が珍しいことではなくなり少数派ではなくなったことや、女性が社会進出をしており経済的に自立していることなどがあげられます。 また短い付き合いの中で盛り上がって深く考えずに結婚をしたものの、いざ暮らしてみると価値観の違いなど様々な問題が起きてすぐに別れてしまうというケースも少なくないようです。 しかし、いくら離婚をすることが珍しいことではなくなったとはいえ、それを当たり前と思ってしまうのはいいこととはいえません。 容易に結婚し容易に別れてしまうということが当たり前になってしまうと社会的な影響も大きくなることでしょう。 特に考えなければいけないのは子供への影響です。 子供にとっては両親が喧嘩ばかりしている中で生活をするのも、両親が離婚をしてどちらか一方と生活をするようになるのも、同じようにその後の人格形成にマイナス面への影響が考えられるものです。 ですから、そうしたことを踏まえた上でベストな選択が出来るように、思いつきで行動するのではなくその後のことまでしっかりと考えることが重要といえます。